増収増益とは


増収増益とは、一般的に前年度や前の決算の時と比べて、売り上げが増えるだけでなく、利益も増えたことを意味しています。
増収とは売り上げが増えるということで、販売している商品や提供しているサービスの需要が増えたので、その対価として支払われて会社に入るお金が増えたことを意味しています。

人材育成の経営コンサル

そして増益とは、会社に入った売り上げ金額から人件費や材料費用など売り上げを上げるためにかかった費用を差し引いても、会社に残るお金のことをさしています。純利益とも呼ばれますが、最終的に会社に残ったお金が利益となります。そのため増収になっても、人件費や材料費が多く占めることで減益になることもありますから、増収増益は一番会社にとって望ましい状態だといえます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ