悩んでいる人の役にたちたい


悩んでいる人の役にたちたいなら、まず、その人の気持ちを充分に聞いてあげましょう。

聞いている最中に「こうしたらいいんじゃない?」
などと命令してはダメです。

相手のことを受容してあげると、相手は安心感を感じて自分と向き合う勇気がわいてきます。

話を聞いている最中は、
「そこで、どんな気持ちになった?」

や、

「その時の感情はどうだった?」

などと、気持ちや感情を言葉にしてアウトプットさせてあげるのが一番です。

これは、心理学に基づくもので、
最近は、自己啓発などにも多く取り入れられています。

どうしても、変えたいけれど、変えられない行動パターンがある方は

心理学を根本から考え、作られた、NLPという技術を是非真剣に学んでみて下さいね!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ