姿勢矯正と柔軟性向上で肩こり予防などバレエ教室に通うメリットとは?


han0188-049クラシックバレエというとまずイメージしやすいのは、
とても敷居の高い!ということだと思います。

そして、私は体が硬いから!という言葉が
よく聞かれる言葉です。

横浜のバレエ教室ならここにあります

ただ、私達はプロを目指すのではないのです。
だから、やる前から○○ができないから大丈夫?
と思う必要はないわけです。

では、どのようなイメージをしてバレエをしていけば良いのでしょうか。

まず、バレエは常に引き上げが必要となります。

引き上げとは、頭のてっぺんから踵まで真っ直ぐの状態ということです。

もっと簡単に言い換えると、
常に背筋を伸ばして、シャキーンとしていなければならないのです。

普段生活している時、背中は猫背に落ちているか、
お尻が後ろに出てしまい、
弓上に前に突き出て曲がっているかという状態です。

その状態を真っ直ぐにずっとキープするということは、
かなり慣れないと疲れるし出来ないことです。

背筋を真っ直ぐにするには、
お腹もきゅっとひっこめていかないと出来ません。
そうすることで、腹筋も使います。

この状態をずっとレッスンの間中だけでも行うだけでも、
かなりの姿勢矯正につながるのではないでしょうか。

だから、バレエは背骨の老化防止にもつながるのです。
体も年とともにどんどん硬くなっていきます。
しかし、少しずつでもストレッチをすることで、

現状維持、もしくは今より少しずつ柔らかくなっていきます。

そしてバレエでは首をよく動かします。

生活の中ではあまり首だけ動かすことはありませんよね。
首を動かすことで血行も良くなり、

肩こり予防にもつながりますよね。
バレエで健康な体を目指しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ